企業保険・リスクマネジメント・家族信託のことなら11ネット・インシュアランスへ

会社概要

  • HOME »
  • 会社概要

     ◇◇◇ 11ネット社名について ◇◇◇ 

 2005年から2006年にかけて大手生命保険会社、損害保険会社の不払い問題がクローズアップされました。そんな中でも保険は中小企業にとって特別損失を回避するととても有効な手段であるには変わりません。

 しかし保険だけでも日本の宝である中小企業を不慮の事故から守ることはできません。そこで中小企業の社長の悩みを解決できるように弁護士、税理士、司法書士、行政書士等多くの『士業の先生方』をネットワークでつなぎ誰でもが参考にすることが出来るホームページを作りました。そのネットワークをどのように呼び名を先生方と考えてできたのが、『士業のの文字』をの文字に分解して11(イレブン)ネットと命名したのが始まりです。

 そしてワールドワイドで活躍したいために英語で保険という意味のインシュアランスを付加したのが11ネット・インシュアランス(保険)です。

 ちなみに世界的保険会社であるAIGも創始者コーネリアス・バンダー・スターが27歳で上海に渡り保険代理店を始め、その後損害保険会社を興し、現在の世界企業になりました。

◇◇◇ ご挨拶 ◇◇◇

[pdf-embedder url=”https://11-net.jp/wp-content/uploads/2018/04/11ネットの願い-3_003.pdf” title=”11ネットの願い (3)_003″]

 

 中小企業は財務体力の弱さからちょっとしたトラブルにおいても倒産の憂き目に遭います。その財務体力の強化の一つとして保険があるわけです。しかし総合的にリスクを考えないで保険のみを勧める保険業界は今、変わるべき節目にあると思います。

 福沢諭吉は国家国民の幸せの為に、「恒の産なき者は、恒の心なし」。経済的独立は精神的独立に先立つものと広く民衆に問いました。 
  また、 「生命財産の保険法は此弊害を軽くするの一大方便たる可きや明なり。されば保険の法は人の品行廉恥にも與(あずか)りて力あるものと知る可し」。 万一の際、保険金が支払われることで、経済的不安が軽減し、人としての品性を高く持つことができると言っています。   

 福沢諭吉がこの事を伝えた時には生命保険・損害保険の区別はありませんでした。個人にも企業にも生命保険や損害保険は必要です。分別するとしたら企業保険と個人保険と分別するのが正しいのではないでしょうか。 

 企業の目的は継続することです、中小企業も大企業もこの事に関しては何も変わりません。お客さまを未来永劫、突然のリスクからお守りすることが大切なのです。
 その為にはリスクマネジメントを行ない、安全対策を提案して、万一に備える為の保険等を使った対策を提案できる真のコンサルタントが必要なのです。

[pdf-embedder url=”https://11-net.jp/wp-content/uploads/2018/04/社会会社経営理念2_003.pdf”]

                               

 

                                         

                                                 

 

 

 

 

        株式会社11ネット・インシュアランス

代表取締役 礒村 安倫

◇◇◇ 会社概要 ◇◇◇

◇会社名:株式会社11ネット・インシュアランス

◇代表者:礒村 安倫

◇所在地:〒761-8031 香川県高松市郷東町3-1 中原ビル3階

◇TEL:087-881-7563   FAX:087-881-2589

◇設立:平成19年9月4日

◇資本金:300万円

◇事業内容:保険代理業・リスクマネジメント事業・太陽光発電業事業

 

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社11ネット・インシュアランス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.